So-net無料ブログ作成
筋肉増強
科学・技術 ブログトップ
前の8件 | -

鳥羽水族館、漁をする猫スナドリネコの「漁(すなど)り」シーンの動画を公開! [科学・技術]

三重県の鳥羽水族館が、スナドリネコの「漁(すなど)り」シーンの動画をyoutubeの公式チャンネル上にて公開しました。







スナドリネコの名前は漁をするという意味の「漁(すなど)る」という言葉が由来。その名の通り、魚やカエルなどを漁をして捕獲して食べる習性を持ちます。

鳥羽水族館では2015年3月21日よりスナドリネコの展示を開始した模様です。
展示は新ゾーンである「奇跡の森」にて行われています。



【関連】
漁をする猫「スナドリネコ」 水族館での展示が決定



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

プロ棋士と将棋ソフトが戦う「将棋電王戦FINAL」にて、将棋ソフトが王手放置の反則負け!? [科学・技術]

7951b0401a92d0b10803cdc176af6050_s.jpg



2015年3月21日に行われた「将棋電王戦FINAL」の永瀬拓矢六段対Seleneにて、Seleneが「角成らず」を認識できずに反則負けと判定されました。



勝負の決め手となったのは対局終盤に永瀬六段が指した、王手で「2七角不成」という手。
将棋では「飛車・角・歩」の3つの駒は成ることで強力になるため、実戦で不成という手はまず見られません(例外もあります)。

ごく稀なケースであったためか、Seleneにはこれら3駒の「成らず」がプログラムされていませんでした。
結果、王手放置となる手を刺してしまったSeleneの反則負けとなったのです(将棋では、王手をかけられたら必ず防がなければいけません)。



将棋ソフトは、より深く手を読むようにプログラムされます。
Seleneが「成らず」を認識しなかったのは、無駄な手を読むことを省くために最初からその機能を付けなかったからというわけです。

人間同士の対局では見られない、衝撃的な結末ですね!
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

動物園で飼っていたメダカ、新種だった [科学・技術]

1784ae5843f85721edd41e984408d6a4_s.jpg
(画像のメダカは新種ではありません)



2015年1月5日、名古屋市の東山動植物園が同園にて飼育していたメダカが
新種であることが判明したと発表しました。

件のメダカは、2008年にインドネシアのスラウェシ島・ティウ湖にて採集。
湖の名前から「ティウメダカ」という名付けられました。
体長はおよそ3センチで、尾びれの上下にオレンジ色の縁どりがあるのが特徴です。

2014年12月にアメリカの科学誌に論文を発表済み。
世界的にも認められているとのことです。



→ティウメダカの画像付きソースはこちら



タグ:メダカ 新種
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

漁をする猫「スナドリネコ」 水族館での展示が決定 [科学・技術]

lgf01a201306301600.jpg
(画像著作者: Tambako the Jaguar)



三重県の鳥羽水族館にて2015年3月より、泳ぎが得意で漁をする猫「スナドリネコ」の公開が予定されています。

猫の仲間は水が苦手なイメージが強いと思います。しかし、スナドリネコは泳いで魚やカエルを獲ることができます。
故に、漁(すなど)るという言葉が名前の由来であり、英語名もフィッシングキャットです。

鳥羽水族館では、カピバラなど水辺に生息する動物を数多く飼育しています。
海や川に留まらず、多様な水辺の生き物を見て、見学者にリアルな自然の姿を想像してもらうことが狙いとのことです。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

しぶんぎ座流星群、観測条件は厳しめか? [科学・技術]

ra-men_collage.png



年間三大流星群の一つ、しぶんぎ座流星群が1月4日に極大を迎えます。
しかし、極大となる時刻は午前11時頃と日中のため、
前日1月3日の夜から4日早朝の間が実質的な観測ピークです。

とくに4日午前5時頃の観測がおすすめです。
しぶんぎ座流星群は、うしかい座とりゅう座の境目あたりにある放射線から流星が流れます。
流れ星は全天に飛ぶので夜空全体を見渡せる場所で観測しましょう。

しかし、1月4日は満月の前日で月明かりが強いことと
大晦日から三が日は全国的に荒れ模様との予報が出ているため、
今年の観測条件は厳しめかもしれません。

余談になりますが、「しぶんぎ座」という星座は実は存在しません。
1928年に廃止された「壁面四分儀座」(へきめんしぶんぎざ)の位置に輻射点があるためにその名が残されているのです。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

鳥類は恐竜が絶滅した後に増えたと判明!ゲノム解析にて [科学・技術]





鳥類の種類が爆発的に増えた時期は、恐竜が絶滅した後であることが推定されるという研究結果が発表されました。



研究内容は、カラス、ダチョウ、タカ、キツツキなどの45種の鳥類のゲノム(全遺伝情報)を解読するというもの。
対象となった鳥のゲノムはおよそ4年で解読され、過去に解読済みであった分の結果と合わせて鳥類の進化系統や種類か分かれた時期が推定されました。

今回の研究の結果、恐竜が絶滅した時点(今から6600万年前)から1000万年~1500万年の時をかけて鳥の種類が増加したことが裏付けられました。

また、鳥類と爬虫類を比較すると鳥類の進化の方が速かったことや、鳥類に歯が無くなった時期は今から1億1600万年くらい前であることも推定されています。

研究の成果は論文にまとめられ、米科学誌サイエンス(12日付け)に掲載されます。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

マツコ・デラックスがモデルのロボット「マツコロイド」の写真公開! [科学・技術]

マツコ・デラックスさんをモデルとして製作された等身大人型ロボット(アンドロイド)の写真が公開されました。
その名も「マツコロイド」いろいろな意味でインパクト絶大です…。

写真左が「マツコロイド」
右がマツコデラックスさんご本人です。






マツコロイドはノンヒューマン・タレント開発事業「デジタレ」第一弾。
電通、エーラボ、ナチュラルエイトの共同で開発されました。
監修はエーラボ技術顧問であり大阪大学教授の石黒浩さんが務めています。

マツコ・デラックスさんの全身を型取りして、表情やしぐさなどもリアルに再現。
また、声の再現も現在調整中です。



今後はCM、イベント、テレビ出演などタレント活動を行う予定とのこと。
お茶の間でマツコロイドの活躍を見る日は近いかもしれません。
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

ふたご座流星群が観測ピーク!12月14日~15日にかけて [科学・技術]

075072.jpg


2014年12月14日~15日にかけて、ふたご座流星群がピークを迎えます。
好条件であれば、1時間あたりに50個ほどの流星の観測が期待できます。
23時以降は月の光でやや観測しづらくなることが予想されるため、早めの時間帯に観測した方が良さそうです。

ふたご座流星群は毎年12月5日~20日頃にかけて出現する流星群。
年間三大流星群のひとつでもあり、出現時期や活動度の高さなどの影響で一晩で観測可能な流星の数が多いことでも知られています。



【おまけ】
年間三大流星群

ra-men_collage.png
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog
前の8件 | - 科学・技術 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます